ニュース

アツギがタイツを履いた女性のイラストで炎上

女性から根強い人気をもつアツギ。

その会社が、現在「女性を性的に消費していて気持ちが悪い」などというツイートがされてしまっています。

一体何があったのでしょうか?

アツギ公式ツイート内容

アツギ公式Twitterが投稿した一連のツイートがあまりに気持ちが悪いと批判が殺到しました。

内容は、公式Twitterに「本日のために様々なイラストレーターさんにアツギの商品を着用した女の子を描いてもらった」という内容とともに、脚元を強調したイラストがツイートされたことから始まりました。

「朝・昼・晩女性の脚元を彩るタイツ・ストッキングのイラストをお楽しみください」というコメントも。

さらに、「素敵なイラストばかりで動機がおさまらないアツギ中の人。みんな……めちゃめちゃ可愛くないですか………」ともツイートが。

うん。アウト案件だと思います。

 

 

 

 

 

 

 


確かにこれがただのイラストだったら、人それぞれの価値観でいいのですが…

これがアツギというタイツ・ストッキングを販売している会社のツイートと考えると…正直気持ち悪いですね。

買う人の目線というよりは、ただタイツ・ストッキングを履いている女性を見たいという男性目線になっているような気がしてなりません。

 

 

これをみた人たちの反応は…

 

 

うん。

私も購入を控えようと思ってしまいました。

本当に残念です。

アツギの今後の対応は?

このことについて、11月3日にコメントが発表されました。

 

こちらが詳細となります。

2020 年 11 月 3 日
アツギ株式会社
ラブタイツキャンペーンに関するお詫びとご報告
2020 年 11 月より弊社が Twitter 上で実施しております「ラブタイツキャンペーン(#ラブ
タイツ)」におきまして、投稿された一部のイラストに性的な描写を連想させるような不適
切な表現がございました。このキャンペーンにより多くの皆様に不快な思いをさせてしま
いましたことを深くお詫び申し上げます。
今回の事態を重く受け止め、本キャンペーンを中止するとともに、本キャンペーンにおける
ツイートは 11 月 3 日に 弊社公式アカウント上より削除いたしました。
また、本キャンペーンと連動して実施しておりますプレゼントキャンペーンにつきまして
も、中止とさせていただきます。
本来であれば、“すべての女性の「美」と「快適」に貢献したい”という弊社のビジョンを
一人でも多くのお客様へ知っていただきたいという思いのキャンペーン施策であり、タイ
ツのある生活シーンを想起していただきタイツとファッションを楽しんでいただきたいと
いう企画趣旨であったにも関わらず、弊社内における確認体制やモラル意識の甘さにより、
現在アツギ製品をお使いいただいております多くのお客様の期待を大きく裏切る結果とな
ってしまいましたことを深く反省しております。
なお、昨日配信いただきましたイラストの中で、イラストレーターのコメントへの監修漏れ
があり、意にそぐわないコメント及び作品内容での配信となった 2 作品に関しましては、
昨日のうちに削除しております。
本キャンペーンにご協力いただいております、イラストレーターの方々に配信いただきま
したイラストにつきましては、全て事前に弊社で監修しており、イラストレーターの方々に
非は一切ございません。
弊社ではこの度の問題につきまして社会的責任に対する認識の甘さやモラル意識の問題と
捉え、今後のアツギ公式 Twitter(@ATSUGI_jp)新規ツイートを当面休止いたします。
今回、お寄せいただきました皆様からのご意見を真摯に受け止め、「信頼」が企業にとって
最も貴重で重要な財産であるとの認識のもと、社員教育の改めての徹底と、ソーシャルメデ
ィアポリシーの遵守、運営管理体制等の全面的な見直しを進めてまいります。
この度はお客様をはじめ、多くの皆様にご迷惑をお掛けしましたことを重ねてお詫び申し
上げます。
以上

引用:アツギ公式サイト https://www.atsugi.co.jp/news/pdf/201103.pdf

このような形で、キャンペーンが中止になること、もったいなくて仕方がありません。

ですが、あんなツイートをしてしまったら、…仕方がないですね。

信頼を取り戻すことはできるのでしょうか?

 

アツギの炎上についてのまとめ

最近は、タカラトミーなどもそうですが、さまざまな名の知れた会社のTwitterで、商品の購買層にそぐわない宣伝方法をしてしまってい会社が多いようで、とても残念です。

商品がとても素晴らしいものであっても、それを作っている人がどんな人なのか、どんな会社なのかということはとても大切だと思います。

商品で心をつかんでも、間違ったPR方法で客離れがされてしまっては本末転倒なのはないでしょうか?

「タイツ・ストッキングといえば、やっぱりアツギだよね。」という人、少なくないと思います。

私自身就職活動の時に、模擬面接の担当の先生に、ぴったりサイズのアツギのストッキングがいいよといわれてから、愛用しています。

それがこんな風になってしまって、とても残念です。

このように残念に思う人たちの気持ちも考えて、一部の人の趣味?軽い気持ちやノリでPRするのではなく、いい商品を真っ当な宣伝活動をして、世に出してほしいと思います。