買ってよかった育児グッズ

離乳食でおすすめ ボタンで簡単!立体お食事エプロン

こんにちは!

1歳の息子をもつ専業主婦のぽあママです。

息子の離乳食を始めてから早7か月となりました。

今までいくつかお食事エプロンを使ってきたのですが、離乳食後期になって重宝している、立体お食事エプロンを紹介したいと思います!

 

立体お食事エプロンを使う前までは…

離乳食中期くらいまでは、半袖付きの布製(撥水効果なし)のお食事エプロンを使ってきました。

本当は離乳食が始まってすぐ、撥水式のお食事エプロンを用意したのですが、着け心地がよくなかったようで、毎回エプロンをかじりついに穴まで開けてしまったので、泣く泣く洋服と同じ布製の物を使っていました。

実際使っていて、人参やカチャ、トマトのような色が付きやすいものや、納豆などそのまま服についたら嫌だなと思うものも、一旦エプロンが吸収してくれるの点は、よかったです。

一方で水分を吸収しやすいため、こぼしたお出汁は全部洋服までいってしまい、毎回食事後は洋服全部取り換える日々を送っていました。

そんな日々が離乳食初期・中期と続いていたのですが、後期になって、久しぶりに立体お食事エプロンをつけてみたら、前ほど触らずにつけてくれるようになっていました!

 

ぽあや家で使っている立体お食事エプロン

ぽあや家で使っている立体お食事エプロンは、普通のエプロンの下の方の両側にボタンがついているものです。

このボタンをつけることで、立体になります。

ボタンをつけないと1枚の普通のエプロンになるものです。

また素材はEVA素材でできています。

EVA素材とは、環境ホルモンを含まない安心安全な素材のため赤ちゃんが誤って口に入れても安全です。

撥水性や撥油性に優れており、汁物や油ものを使った料理でも安心して洋服を守ることができます。

 

立体お食事エプロンを使うことで、お食事時間がこう変わった!

①洋服が汚れずらくなり、毎回の着替えが不要に

汁物も、ご飯やおかずもしっかりポケットがキャッチしてくれるため、洋服が汚れてとんでもないことにー!ということがなくなりました。

袖なしタイプのものなのですが、息子にとっては、このタイプがあっているようです。

 

②ポケットに落としたご飯も自分で気づいて食べるように

一生懸命手づかみ食べをしていても、手からポロポロご飯をこぼしてしまい、エプロンのポケットに入ってしまうことがありますよね。

そうなっても、赤ちゃんもここにあるということがわかるようになるみたいで、息子もそこからご飯やおかずを拾って食べています。

こちらが一生懸命作っても、ポロポロこぼす姿をみると、わざと食べたくなくて落としてるのかな?とネガティブモードになってしまうこともあったのですが、拾って食べてくれる姿を見て、そんな風に思ってごめんと気持ちを入れ替えることができました。

たまに苦手なものはポケットに入っていてもスルーしていますが。w

 

③食事後の片づけが楽で衛生的

食べ終わったら首後ろのボタンをパッととって流しに持っていくだけで済みます。

汁物がポケットに入っていないかを確認して、入っていたらこぼさないように気を付けるだけでいいのでとても楽ちんです。

流しに持っていったら、やわらかいスポンジでさっと洗っています。

このエプロン最大のメリットは下の脇のボタンを外せば、1枚のエプロンになるところです。

1枚にしてしまえば、面全てをきれいに洗うことができ、洗い残しや、洗いずらいところはありません!←これ本当にメリット♡

もともとポケットになっているタイプもありますが、それだと洗いずらい部分が出てきますよね。

このエプロンではそのような悩みは皆無です!

汚れも取れやすく、油などのべたつきが気になる時はお湯で流せばきれいになります。

また洗い終わったら首元のボタンだけつけて乾かすことができます。

ポケット部分もまっ平なので、水がたまることもなく、からっと乾かすことができ、とても衛生的です。

 

④コンパクトにたためるので、外に持ち歩くこともできる

このエプロンはコンパクトにたたむことができるので、ちょっとしたお出かけのときや、お泊りの時でも荷物の幅をとることなく持っていくことができます。

赤ちゃんとのお出かけは必然的に荷物が多くなってしまうので、小さくたためることはポイントですよね!

 

まとめ

手づかみ食べをするようになったら、ぜひこの立体お食事エプロンを!

一度使ってみたら、手放せなくなること間違いなしです!

1枚ペロンのエプロンでボタンでポケットを付けられるというところがポイントですよ♪

私は赤ちゃん本舗で購入したのですが、ネットやいろいろなところで売っているようなので、ぜひ使ってみてください1