映画

映画『鬼滅の刃無限列車編』R12になっているけど、子どもはみられる?

今や国民的人気アニメとなった『鬼滅の刃』の映画『鬼滅の刃無限列車編』が2020年10月16日に公開され始めました!

『鬼滅…』本当に幼い子から、大人まで、幅広い年齢層の方々に親しまれている作品ですよね!

そんな作品ですが、公式サイトで『PG12』に指定されています。

そのことで、僕たちは見られないんじゃないか?と心配する小学生や、幼稚園や保育園で鬼滅ごっこをしている子どもたちでも見たがっているけど、見せられないのかしら?と気にされている保護者の方もいるかと思います。

実際のところどうなのか調査してみました。

 

映画『鬼滅の刃無限列車編』PG12ってどういうこと?

PG12は「12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要」という区分になります。

確かに、鬼滅の刃では戦いのシーンなど、残酷な場面もありますよね。

このような点から、

PG12は「12歳未満の年少者の観覧には、親又は保護者の助言・指導が必要」という区分。映倫のサイトには「この区分の映画で表現される主題又は題材とその取り扱い方は、刺激的で小学生の観覧には不適切な内容も一部含まれている。一般的に幼児・小学校低学年の観覧には不向きで、高学年の場合でも成長過程、知識、成熟度には個人差がみられることから、親又は保護者の助言・指導に期待する区分である」

映画倫理機構(映倫)より

このような区分になっていることがわかります。

ですが、言い換えれば、12歳未満は保護者の助言、指導が必要ですが、誰でも見ることができるとされています。

 

結論:映画『鬼滅の刃無限列車編』は3歳・4歳・5歳といった小さな子どもでも鑑賞できる!

鬼滅ごっこをしているような3歳・4歳・5歳のお子さんであっても、一緒に保護者が付けば見ることができます。

ただアニメでもあったと思いますが、大人であっても、ちょっと目を背けたくなるようなシーンはありますよね。

そのような場面が出てきたときに、さらりと目を覆ってあげたり、意識をすこし別に持って行ってあげられるような声掛けを小さな声でしてみたらいいのではないでしょうか?

 

ただし、『鬼滅の刃無限列車編』を見る場合注意点もあるようです。

映画鑑賞をしている人たちの中からは、このような声もありました。

 

 

保護者と一緒にということになっているのですが、子どもだけで、見に行ってしまうということも。

これだと、子どもの様子や変化にも気が付けないですよね。

ちょっと心配です。

また、子どもが恐怖のあまり、泣き出してしまう現象もあるみたいです。

小さなお子さんにとっては、気が付かないうちに、心にダメージがかかるということもあるのでよく考えてからみせたほうがよさそうです。

TVで見ているのとはまたスケールが異なると思うので、やはり保護者の傍にいてすぐ対応する心構えは必要だと思います。

 

 

 

映画『鬼滅の刃無限列車編』のまとめ

みんなが大好き『鬼滅の刃』

3歳・4歳・5歳くらいの小さなお子さんでも、保護者の方が付いて助言・指導があれば観られるということで、安心しましたね♪

実際に映画館に行った人の中には、小学生くらいの子もたくさんいた!という話も耳にしましたよ!

 

 

 

一方でやはりPG12ということもあるように、子どもにとっては刺激が強いものとなっていますので、そこは親の配慮でお願いします!

ぜひぜひ、家族そろって映画館で楽しい時間を過ごしてくださいね1